先週延べ13回に及ぶ中期経営計画策定プロジェクトの最終報告会があり、
プロジェクトメンバーの方々に経営陣の前でプレゼンしてもらいました。

報告会は一発勝負ですから、事前の練習が必須です。
このため、それに先立ち、プレゼンメンバーの人たちに集まってもらい、
リハーサルを実施しました。

リハーサル時に私が皆さんに以下のことをお話し、実際の練習に臨んで
もらいました。

自信をもってプレゼンができるには、4つの要素を揃える必要があります。
(1)プレゼンの内容・・・今回は中期経営計画の中身そのもののことです。

(2)資料・・・・・・・・パワーポイントを使った資料が見やすく、
かつ、分かりやすいこと

(3)語り・・・・・・・・プレゼンをする人の「語り方」が重要です
(4)メンタル面・・・・・自信をもって落ち着いて語れる必要があります

多くの方が、(1)と(2)が準備できると、もう大丈夫だと思ってしまって、
(3)語りの練習をしません

また、当日あがってしまって、(4)メンタル面の落ち着きが無くなり、
せっかくの機会が台無しになってしまうことがあります。

このため、リハーサルで、語りの練習を行い、合わせてメンタル面での
落ち着きを保つ方法を教えます。

このうち、語りについては、3つの要素が大切になります。
これは、古代ギリシャの哲学者アリストテレスが弁論術で言っている
ことと同じことになります。
(1)倫理観(エートス)・・・話を聞く側にしてみると、その話し手が
              信用できる人かどうかということです。
              嘘をついていたり、根拠のないことを
              言ったりする人の話は信用できません。
(2)熱意(パトス)・・・・・話し手の熱意が伝わってくるかどうか
(3)論理(ロゴス)・・・・・話の筋が通っているかどうか

このうち皆さん(3)論理は意識するのですが、(1)倫理観や(2)熱意が
不足することがあり、説得力のあるプレゼンにならないことが多いのです。

このため、気持ちの籠った自信を持ったプレゼンになるように何回か
練習を重ねるのです。