会社・組織のビジョンや個人の夢の実現を扱うという仕事柄、プラス思考の
人が多いか、マイナス思考の人が多いかということが仕事の成果に大きな影響を
及ぼします。

いうまでもなく、ポジティブな人が多い方が、明るい将来像を描け、いい成果も
出しやすいのですが、依頼してくるクライアントや企業の方々がポジティブな
人たちが多いとは限りません。

そこで、集まってくる人たちのマイナス思考度合いを把握しようと、簡単な
思考特性判定テストに協力してもらうようにしています。

その結果の一つが下記のデータです。従業員数250人程度の会社です。
これによると、大雑把に言って75%位、4分の3の社員の人たちがマイナス
思考であることが分かります。

この調査は、ここ10年ほどほぼ毎回ご協力頂いていますが、組織によっては、
それが3分の2だったりもしますが、だいたい3分の2から4分の3で
分布します。

皆さんの周りの方々はいかがですか?
自分がマイナス思考だと、気づきにくいかもしれませんが、
プラス思考傾向の方は、周りの人にマイナス思考の人が多いことに気づいて
いることでしょう。