ビジョン設定、経営計画、事業計画立案専門コンサルティングのオフィス井口、ストーリーテリング、バックキャスティング型発想活用
井口のコラム
  • HOME »
  • 井口のコラム »
  • コラム

コラム

業績予測に統計解析を活用する

コロナ禍の影響で売上高が落ちている企業もあるかと思いますが、 今年度の予算の見直しをどうするかという問題があると思います。 通常は、会社の予算を作るときや見直しを行う際に、各部門に見通しを尋ねていると思いますが、 では、 …

KPIはプロセス指標までのブレークダウンが重要

経営管理の手法としてKPIが活用されるようになってきていますが、単に財務値に落とし込む だけでは有用な活用はできません。 下記に示すように、KPI(Key Performance Indicator)は大きくKGIとKP …

中期経営計画見直しの要否

コロナショックで、各社の経営計画に狂いが生じています。 ちょうど感染拡大と緊急事態宣言とが3月~5月と年度末~年度初めにぶつかったため、 今年度の予算ですら「合理的に算定できない」として発表を見送っている会社が大半です。 …

今年度見込みと中計の扱い2

前回自動車メーカーの動向についてみたので、今回は電機メーカーのものを見て見ましょう。 昔風に言えば重電3社と弱電3社です。 特徴としては、重電3社はいずれも2020年度見込みを発表していて、弱電3社は合理的算定困難として …

業種別のコロナショックの影響

これまで予想・予測を中心に見てきましたが、今回はそろそろ実績が揃ってきたので 実績データをいくつか見て見ましょう。 四半期に一度発表される4月発表の3月の日銀短観では、下図に見られるように、 業種別に大きな差がみられるこ …

今年度見込みと中計発表

そろそろ3月決算の会社の新年度業績見込みと中計が発表され始めたので、 手始めに私のいた自動車業界から始めてみます。 下表に2020年6月1日時点での日系自動車メーカー各社の2019年度決算と2020年度見込み 及び中期経 …

第2波・第3波への備え

緊急事態宣言が全面解除された後の、新しい日常の中で、 第2波・第3波への備えのあり方について考えてみました。 (1)日常の中で取り組むことと (2)備えるべきことと (3)次の宣言が出された時 に分けてまとめてみました。

解除後の業種別経営リスク

緊急事態宣言解除後の業種別経営リスクを検討してみました。 検討にあたっては、 ①緊急事態宣言による落ち込み度合い(売上ダウン度合い) ②解除後の回復速度(三密回避等により回復速度が遅い業種もあり) ③固定費負担の重さ(主 …

緊急事態宣言解除後の対応

緊急事態宣言の解除が見えてきました。 では、解除されたらどう対処したらいいのでしょうか? せっかく新規感染者が減ってきたところなので、新たに感染者を出さないように しないといけないですね。 また、万一社内で感染者が出てし …

緊急事態宣言 出口戦略(案)

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が延長されましたが、 この後どうなりそうか、待望される出口戦略(案)を下記の通り考えてみました。 一番遅れるのは、海外旅行・出張でしょうね。 日本には最初に武漢型が入ってきて、それが終 …

Page 1 / 3123
  • お問い合わせ
blog

井口嘉則コンサルタントの視点

登録 解除
*Email
お名前

30年以上のキャリアで培った企画・改革・新規事業・人材育成の視点をお届けしています。ぜひ登録下さい。

  • facebook
Copyright © オフィス井口 All Rights Reserved.