昨年度から始めた同講座ですが、今年度もスタートを切りました。講義とQ&A、すべて英語で行ないます。