先日TVのコメントで、日本と日本人が国を挙げて頑張るときは、モデルと目標が
はっきりしている時であるという話があったので、下表のように歴史を振り返って
みました。

飛鳥・奈良時代律令制はモデルと目標が明確ですが、織田信長・豊臣秀吉による
天下統一は、
目標こそ明確でしたが、モデルがあったかというと?ですね。
当時、中国はモデルになっていませんでしたし、西欧諸国も、ポルトガル、スペイン、
オランダ等で
覇権争いをしていました。

明治維新戦後の経済発展は、モデルと目標がはっきりしていました

一番右のリストラの時代は、異論がある方もいるかもしれません。
ただ、カルロス・ゴーンが行った日産自動車の改革は、大企業の立て直しという点で、
いろいろな企業・経営者からその後モデルとされたことは確かで、
それがきっかけで、日本は長いリストラの時代を終わらせることができました。

さて、今回のコロナ禍対応ですが、どうやら、英国・米国・イスラエルなどがモデル
となり、
ワクチン接種率を上げるということが目標となってきました。
そのため、急速にワクチン接種が進むようになりましたね。

皆さんの会社・組織もモデルや目標を明確にすることが、成長・発展のもとになる
かもしれません。

それを早く見つけられるといいですね。