企業理念や経営理念を掲げる企業は多いですが、それがどの程度浸透しているかというと、
はなはだ心もとないものがあります。

これまで企業内研修等の機会を捉えて、受講者の方々に社内における理念の浸透度を尋ねて
来ていますが、
多くの企業では、全社員には知られていないとか、意味が伝わっていないと
感じられています。

その原因の一つは、理念の浸透活動をしていないこともあるのですが、社員全員が唱和する
というような
浸透活動をしている企業においてすら、共感度などは必ずしも高くないという
ことが分かっており、
単に浸透活動だけに原因があるわけではありません。

一方で、1995年頃に出されたジェームズ・コリンズらによる「ビジョナリー・カンパニー」
という
本によれば、世代を超えて反映する企業は、同業他社と比べ、基本理念を大切にして、
それに基づいて
経営陣を選んだり、経営の意思決定を行うようにしていることが明らかに
なりました。

私も自動車業界に身を置いて、ビジョナリー・カンパニーでいうところの基本理念を大切に
する企業が
長期にわたって反映するということを身をもって感じました。

コリンズらの主張は、以下のように要約されます。