野村證券出身で、金融経済メディア「ZUU online」を立ち上げマザーズに株式公開した
株式会社ZUUの冨田和成社長は、自身が営業で成功したPDCAノウハウを「鬼速PDCA」
として紹介しています。

ポイントは、
(1)取り組み課題の優先順位付け
(2)課題や取り組みの数値化(指標化)
(3)因数分解してブレークダウン
(4)To Doレベルまでブレークダウン
です。

私が提唱しているPDCAと考え方が近いです。

面白いのは、KDIという呼び名で、Key Do Indicatorの略ですが、毎日何件訪問する等
施策レベルでの指標まで設定することです。

冨田さんは、自分で考え、実施して成果を挙げた方法を手法としてまとめています。

こうして見て見ると、大切なことは本質的には同じであるということですね。
やるべきことをはっきりさせて、それを数値に落として、成果とともに定量的に管理する
ということです。