緊急事態宣言解除後の業種別経営リスクを検討してみました。

検討にあたっては、
①緊急事態宣言による落ち込み度合い(売上ダウン度合い)
②解除後の回復速度(三密回避等により回復速度が遅い業種もあり)
③固定費負担の重さ(主に正社員人件費と賃料)
④手元資金(剰余金や元々の借入金の多さ等キャッシュフローが何ヶ月持つか)
⑤資金支援のスピードと規模(遅くて不足すると危ない)
の5つの要素を検討し、総合的に経営リスク度合いを評価しました。

掲載のない業種については、お問い合わせください。