ストレスは、強い刺激を受けたり、強い不安を抱いたり、それが継続することで蓄積され、
やがて、身心にマイナスの反応が出てきます。

そこで、ストレスから受けたダメージを和らげるために、
瞑想法を行うと効果的です。

ここでは、最近アメリカの西海岸から逆輸入された「マインドフルネス瞑想法」を
以下にご紹介します。

もともとは、日本の曹洞宗の本山がアメリカ西海岸のサンフランシスコに「禅センター」を
開設し、そこに悩めるアメリカの若者達が集まり、座禅を行うことで精神的な安らぎを
得られたことから、周りに広まって
いったものです。
アップルのスチーブンジョッブズなども、この瞑想法に触れて、復活しました。
Google等西海岸のベンチャー企業の多くに取り入れられています。
ベンチャーも山あり谷ありでストレスが多いですからね。

それが日本に逆輸入されて、マインドフルネス瞑想法として紹介されています。

特にお勧めなのが呼吸法です。

最近では、このコロナの時代に合わせて、リモート座禅等も行われるようになってきていますね。