ビジョン設定、経営計画、事業計画立案専門コンサルティングのオフィス井口、ストーリーテリング、バックキャスティング型発想活用
井口のコラム
  • HOME »
  • 井口のコラム »
  • コラム

コラム

ソフトバンクの高速PDCA

PDCAのやり方にもいろいろあります。 ソフトバンクは、オーナーの孫正義さんの無茶ぶりが有名ですが、 その無茶ぶりに応えてきた責任者によるソフトバンクのPDCA法の 解説本が出ています。 ポイントは2つあります。 (1) …

オンラインのメリットとデメリット対策

新型コロナウイルス対応により、オンラインでの打合せやセミナー・研修等が 増えてきました。 弊社も、昨年以降特に今年4月以降 (1)オンライン打合せ (2)オンラインセミナー (3)オンライン研修 (4)オンラインワークシ …

PDCAのレベル

一般に広く行われているPDCAですが、取り組み方にレベル差があるようです。 下記の図をご覧ください。 下から順に紹介していきます。 レベル1:これは、いわゆる予算と呼ばれる計数計画だけを作成し、その進捗管理を行う レベル …

アフターコロナにおける経営計画についての悩み

新型コロナの感染の第1波が終ったと思ったら、東京都をはじめとして感染者が増加し、 第2波の様相を呈していて、さてこれからどうなるか、今年度の経営計画・予算をどうするか 悩みどころですね。 経営企画の皆さんの悩みであろうこ …

コロナショックによる業績変動要因

コロナショックで売上高が激減した業種・業態が多いですが、 緊急事態宣言解除後に徐々に回復してきているかと思います。 では、今後下期にかけてどうなるか、予算の見直しとともに 気になるところですね。 その際には、自社・自事業 …

業績予測に統計解析を活用する

コロナ禍の影響で売上高が落ちている企業もあるかと思いますが、 今年度の予算の見直しをどうするかという問題があると思います。 通常は、会社の予算を作るときや見直しを行う際に、各部門に見通しを尋ねていると思いますが、 では、 …

KPIはプロセス指標までのブレークダウンが重要

経営管理の手法としてKPIが活用されるようになってきていますが、単に財務値に落とし込む だけでは有用な活用はできません。 下記に示すように、KPI(Key Performance Indicator)は大きくKGIとKP …

中期経営計画見直しの要否

コロナショックで、各社の経営計画に狂いが生じています。 ちょうど感染拡大と緊急事態宣言とが3月~5月と年度末~年度初めにぶつかったため、 今年度の予算ですら「合理的に算定できない」として発表を見送っている会社が大半です。 …

今年度見込みと中計の扱い2

前回自動車メーカーの動向についてみたので、今回は電機メーカーのものを見て見ましょう。 昔風に言えば重電3社と弱電3社です。 特徴としては、重電3社はいずれも2020年度見込みを発表していて、弱電3社は合理的算定困難として …

業種別のコロナショックの影響

これまで予想・予測を中心に見てきましたが、今回はそろそろ実績が揃ってきたので 実績データをいくつか見て見ましょう。 四半期に一度発表される4月発表の3月の日銀短観では、下図に見られるように、 業種別に大きな差がみられるこ …

Page 2 / 4123»
  • お問い合わせ
blog

井口嘉則コンサルタントの視点

登録 解除
*Email
お名前

30年以上のキャリアで培った企画・改革・新規事業・人材育成の視点をお届けしています。ぜひ登録下さい。

  • facebook
Copyright © オフィス井口 All Rights Reserved.